閉じる
  1. 失業保険のことで失敗したこと。知識不足は恐ろしい。
  2. 自己都合と思い込むことなかれ。それ本当に自己都合の退職?
閉じる
閉じる
  1. 自己都合と思い込むことなかれ。それ本当に自己都合の退職?
  2. 離職票が届いたら、必ず確認すべき3つのポイント!
  3. 失業保険のことで失敗したこと。知識不足は恐ろしい。
  4. ハローワークは年末年始も開いている?利用時間を知りたい。
  5. 再就職手当とは?失業保険を満額もらったが損してる?
  6. 失業保険受給中に内職した場合は3パターンの支給方法がある。
  7. 失業保険受給中に働いた場合はどうなる?就業手当の条件とは。
  8. 失業保険の支払いはいつ?本人名義のみ可。ゆうちょ銀行は?
  9. 失業認定申告書の書き方。ボランティアも申告。無申告OKは?
閉じる

【初めての失業保険】 受給までの長い道のり。

 

失業保険の条件は2つだけ。誰でももらえるわけではない。

失業保険とは求職者制度のこと

失業保険は雇用保険
失業保険とは、雇用保険の一部である基本手当を意味する制度のことです。
世間一般的に【失業したらもらえる給付金=失業保険】のイメージが定着している為、失業保険と言っても通じるし、正しい意味なのだそう。

ハローワークでは、書類を見せながら「失業したので、雇用保険の手続きに来ました」 と言った方が伝わりやすいかもしれませんね。
また、退職したらすぐにもらえるわけではなく、以下の条件があります。

失業保険を受け取るための条件

  1. 現在失業中で、再就職しようと望んでおり、すぐに行動できる。
  2. 前職で雇用保険に加入しており、受給資格がある。

受給資格とは、何でしょうか。
あなたが、以下のいずれかに当てはまることが出来れば、条件をクリアしたことになります。

  1. 原則として、離職日以前の2年間に12ヵ月以上、雇用保険に加入していた。
    (自己都合で退職した場合の条件)
  2. 倒産・解雇等の退職の場合、離職日以前の1年間に6ヵ月以上、雇用保険に加入していた。
    (会社都合で退職した場合の条件)

○○ヵ月以上というのは、1ヵ月間に11日以上、雇用保険に加入していた月を数えます。
月半ばで退職し、10日しか勤務していない月は数えません。

自己都合とは?
会社都合とは?

もしあなたがこの条件に当てはまらない場合でも、諦めないでください!
雇用保険は 最長2年さかのぼって加入することが可能 なので、ハローワークで相談してみてくださいね。

失業保険がもらえない人

失業保険は、今まで雇用保険料を支払っていた人が受けられる権利です。
過去2年間無職だった方や、雇用保険料に未納がある方は、もらえません。
また、以下の方々も、もらえません。

  • 家庭の事情や体調不良で、すぐに就職できない。
  • 妊娠、出産、育児などで、すぐに働けない。
  • 結婚し、専業主婦になる。
  • 退職後、しばらく休養したい。
  • 自営業をしている。または手伝う。
  • 独立するまでの一時金として。
  • 学生である。
  • 会社などの役員に就任している。
  • 次の就職先が決まっている。または現在、試用期間等である。

すぐに働けない時は、受給期間を延長できる場合があるので、後ほどお話ししますね。
受給できる条件が揃っても、申請しないままでいると。失業保険を受け取る期間がなくなってしまいます。

受給期間について

申請するハローワーク

ハローワークは全国にありますが、失業保険の申請は、どこでも良いわけではありません。
あなたの住所を管轄するハローワークへ、ご自身で手続きに行くことになります。

住所を管轄しているハローワークへ

失業保険の条件について、2015年8月にまとめました。
分かりづらいところがあれば、コメントしてくださいね。

関連記事

  1. 離職票が届いたら、必ず確認すべき3つのポイント!

  2. 最大3年間!受給期間を延長することのできる理由と必要書類。

  3. 失業保険の手続きに必要な6つの書類とハローワークカード。

おすすめ記事

  1. 自己都合と思い込むことなかれ。それ本当に自己都合の退職?
  2. 失業保険のことで失敗したこと。知識不足は恐ろしい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 失業保険体験記*その2まず、申請窓口で、退職理由を詳しく聞かれました。経緯を話し…
  2. 離職票が届いたら、すぐに中身を確認しましょう退職した会社から、離職票は郵送されてきましたか?…
  3. 失業保険体験記*その1このブログに訪問してくださってありがとうございます。私は社…
ページ上部へ戻る