閉じる
  1. 失業保険のことで失敗したこと。知識不足は恐ろしい。
  2. 自己都合と思い込むことなかれ。それ本当に自己都合の退職?
閉じる
閉じる
  1. 自己都合と思い込むことなかれ。それ本当に自己都合の退職?
  2. 離職票が届いたら、必ず確認すべき3つのポイント!
  3. 失業保険のことで失敗したこと。知識不足は恐ろしい。
  4. ハローワークは年末年始も開いている?利用時間を知りたい。
  5. 再就職手当とは?失業保険を満額もらったが損してる?
  6. 失業保険受給中に内職した場合は3パターンの支給方法がある。
  7. 失業保険受給中に働いた場合はどうなる?就業手当の条件とは。
  8. 失業保険の支払いはいつ?本人名義のみ可。ゆうちょ銀行は?
  9. 失業認定申告書の書き方。ボランティアも申告。無申告OKは?
閉じる

【初めての失業保険】 受給までの長い道のり。

 

再就職手当の支給条件

再就職手当は、9つの条件と、支給に関する調査があります。

以下の条件をクリアし、書類の提出から約1ヵ月後に行われる調査があり、問題がなければ支給決定通知書が届きます。
それから約一週間程度で、登録した際の口座へ送金されます。
※調査の結果等によっては、支給の決定を行うまでに時間がかかることもあるようです。

また、再就職手当の調査の際に、その事業所に勤務していることが必須になります。
なお、勤務していても、調査の時点で退職することが決まっている場合は、再就職手当は支給されません

満たさないといけない9つの条件

  1. 就職日の前日までの失業認定を受けたあとの基本手当の支給残日数が、給付日数の1/3以上ある
  2. 1年を超えて勤務することが、確実であると認められている
    ⇒ 派遣や契約社員、パートでも、雇用保険の加入、雇用契約の更新が見込まれれば、支給の対象になります。
  3. 7日間の待期を満了した後の就職である
  4. 給付制限を受けた場合、7日間の待期満了日後1ヵ月間については、ハローワークまたは、許可・届け出のある職業紹介事業者の紹介により、就職した
  5. 離職前の事業主に、再び雇用されていない
  6. 就職日より前の3年以内の就職について、再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けていない
  7. 失業保険の申請前から、採用が内定していた会社への就職ではない
  8. 原則、雇用保険の被保険者要件を満たす条件での雇用である
  9. 就職したあと、すぐに離職していない

就職日の前日までの失業認定を受けたあとの基本手当の支給残日数が、給付日数の1/3以上ある

支給残日数について

関連記事

  1. 再就職手当とは?失業保険を満額もらったが損してる?

おすすめ記事

  1. 自己都合と思い込むことなかれ。それ本当に自己都合の退職?
  2. 失業保険のことで失敗したこと。知識不足は恐ろしい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 失業保険体験記*その2まず、申請窓口で、退職理由を詳しく聞かれました。経緯を話し…
  2. 離職票が届いたら、すぐに中身を確認しましょう退職した会社から、離職票は郵送されてきましたか?…
  3. 失業保険体験記*その1このブログに訪問してくださってありがとうございます。私は社…
ページ上部へ戻る